開催報告

2017/03/07
2月22日~24日東京都大田区において、国産水産物試食相談会が開催されました。
この催しは、生産者等(愛南漁業協同組合、武久海産、黒光商事)が調達した国産水産物を参加者(各小学校栄養教諭、栄養士)が試食、評価、検討を行うものです。
会場は大田区立 嶺町小学校、池上小学校、道塚小学校、田園調布小学校で、愛南漁業協同組合が代表となり実施しました。
 今回の催しで、持ち込んだ国産水産物(丸干しウルメイワシ(大)、丸干しマイワシ(小)、ドレス マイワシ、ドレス カタクチイワシ、開きウルメイワシ、真鯛サイコロ(1.8㎝角))を学校給食で使用できるかどうか検討することができました。 また、参加した栄養士様からは「普段生産者の声を聴くことができないので、このような機会を頂けてよかった。今日聞いた話を児童に話すことができる」との声がありました。
地元新聞とNHKの取材を受け、テレビでは同日夕刻のローカルニュースで放映されました。

2017/02/02
 北海道大学生活協同組合のお申し込みをいただき、生産者と大学生協食堂との国産水産物試食相談会が開催されました。
北海道大学(札幌市)構内の北部食堂において、生協役職員、調理担当者、教職員、学生等30名以上のご参加をいただきました。
国産水産物を使った商品を提供した生産者(水産加工業者)は、(株)鴨安商店、丸大産業(株)、(株)山神、渡島冷蔵(株)、(株)松田かまぼこ商店、総菜開発(株)、(合)ハッピーオーシャン、(株)山安、太洋産業(株)の各社です。
参加者に対するアンケートの集計は別途行いますが、生産者からは「普段なかなか若い人の意見を聞く機会が少ないので、学生に試食していただいたのはよかった」との声がありました。

2017/01/27
 山口県萩市において、国産水産物試食相談会が開催されました。
この催しは、国産水産物を原材料とした給食用メニューを開発するため、生産者等が調達した国産水産物を使って調理した給食用メニューを参加者が試作、試食、評価、検討を行うものです。
会場は萩市立白水小学校で、山口県漁業協同組合はぎ女性部が代表となり実施しました。
参加者は、県漁協(はぎ統括支店・はぎ女性部)、小学校教職員(栄養職員含む)、PTA、県水産事務所、市水産課等の27名です。
定置網で大量に漁獲されるサワラ(サゴシ)を食材に、地元割烹料理店の板長がメニューの監修を行い、サワラとキノコのホイル焼き、サワラのムニエル酒粕ソース、〆サワラの卯の花和え等を調理し試食を実施しました。 一部は、5・6年生の給食として提供し、好評を得ました。
地元新聞とNHKの取材を受け、テレビでは同日夕刻のローカルニュースで放映されました。
ページトップ