お知らせ

2021年度「水産関係者との意見交換会」
実施概要(2021年12月22日)

2021.12.22研究発表等

1.目的と構成
 漁業現場の関係者(漁業者および流通加工業者等、以下「漁業者等」という)との意見交換会を通じて、漁況等の現状に関する調査や解析結果を説明し予報内容について理解を深めてもらうとともに、現場でどのような予報が必要か検討を行います。また、漁海況予報担当者と漁業者等が意見交換及び情報共有を行うことにより漁業現場を正確に把握し漁海況予報に活用します。さらに、漁業者等の資源状況等に関する関心事項についても必要に応じて説明します。
 各地でのプログラムは基本的に、①趣旨説明、②海況の現況と予報、③対象資源の現状と今期の漁況予測、④総合討論で構成されますが、会場により若干異なる場合があります。
 なお、現在、新型コロナウイルス特措法に基づく「緊急事態宣言」および「まん延防止等重点措置」が各地域に発令されております。これにより、今後の新型コロナ各地での意見交換会の開催については、少なくとも本宣言が解除され、ウイルスによる感染が収束するまでの間、各地の状況を慎重に判断し、場合によっては開催を見合わせ、要旨集の配布のみを実施することもあります。

2.令和3年度(2021年度)開催地(対象魚種)と日時(予定)

1)気仙沼(カツオ、ビンナガ) 終了: 会場参加者52名、Web参加者4名
日時:2021年5月11日(火)  13時半〜15時半
場所:気仙沼市魚市場A棟3F会議室
2)根室(サンマ、マサバ、マイワシ)  終了: 会場参加者46名、Web参加者5名
日時:2021年8月2日 14時〜15時
場所:ベルクラシック根室 (北海道根室市敷島町2丁目9番地)
3)厚岸(サンマ、マサバ、マイワシ) 中止(要旨配布のみ)
4)釧路(マイワシ、マサバ、サンマ)  終了: 会場参加者51名、Web参加者10名
日時:2021年8月5日(木) 14時〜15時半
場所:マリントポスくしろ3階大研修室(北海道釧路市浜町3番18号くしろ水産センター内)
4)気仙沼(サンマ)  終了: 会場参加者60名、Web参加者1名
日時:2021年8月9日(月) 14時〜15時
場所: 気仙沼市魚市場A棟3F会議室(宮城県気仙沼市魚市場前8)
5)大船渡(サンマ)  終了: 会場参加者33名、Web参加者1名
日時:2021年8月10日(火) 13時半〜14時半
場所:大船渡魚市場株式会社 多目的ホール(岩手県大船渡市大船渡町字永沢209)
6)女川(サンマ) 終了: 会場参加者44名、Web参加者7名
日時:2021年8月26日 10時半~11時半
場所:女川町生涯学習センターホール(宮城県牡鹿郡女川町 女川1-1-1)
7)石巻(サバ類・マイワシ) 終了: 会場参加者42名、Web参加者15名
日時:2021年10月15日(金) 14:00〜16:00
場所:石巻魚市場2F見学者研修ホール
8)高知(カツオ・ビンナガ)終了: 会場参加者 31名、Web参加者 6名
日時:2021年12月7日(火)
場所:高知県県民文化ホール 第6多目的室(4F)
9)宮崎(カツオ・ビンナガ)中止
10)小木(スルメイカ)
日時:2022年2月16日(水)予定
場所:小木漁業協同組合 会議室
11)八戸(スルメイカ) 
日時: 2022年3月 中旬予定
場所:八戸水産会館 大研修室
12)境港(イワシ・サバ・アジ)
日時:2022年3月 予定
場所:未定

3.参加方法
 参加は無料ですが、会場により収容人数が異なりますので、事前申し込みが必要です。開催の3週間程度前に漁業情報サービスセンターのホームページ(http://www.jafic.or.jp/)にプログラムや申し込み方法を掲載します。また、現地の後援機関より直接にご案内を差し上げることもあります。
 なお、新型コロナ対策として、現地での参加については人数制限をする場合があり、他地域からの参加を控えさせていただくこともありますのでご了承下さい。

4.問い合わせ先
漁業情報サービスセンター  海洋事業部海況グループ 酒井光夫
電話:03-5547-6886  FAX:03-5547-6881 
電子メール: sakaimit@jafic.or.jpもしくはsmizuno@jafic.or.jp